107D022

出典: meddic

  • 32歳の男性。不眠を主訴に来院した。消防隊員として大規模災害の支援に災害発生の翌日から派遣され、厳しい状況下で2週間救助活動を行った。その後元の職場に戻り、しばらくは問題なく過ごし、むしろ以前よりも真剣に仕事をこなしていた。しかし救助活動から戻った約2か月後から何度も夜中に覚醒するようになり、いらいらして集中力も落ちてきたため産業医に相談し受診した。特記すべき既往歴はない。仕事への意欲はあり、疲労感の増大はみられない。
  • 診断のために重要な質問はどれか。


  • a 「嫌な情景が急に浮かんでくることがありますか」
  • b 「家族につらい症状を話すと少しは楽になりますか」
  • c 「今晩も眠れないのではないかと不安になりますか」
  • d 「ひどく気持ちが落ち込んで、それが何日も続いていますか」
  • e 「以前は楽しかったことを楽しめなくなったように感じますか」


[正答]


※国試ナビ4※ 107D021]←[国試_107]→[107D023

"http://meddic.jp/107D022" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡