107A058

出典: meddic

  • 60歳の男性。自宅で測定した血圧が高いことを主訴に来院した。5年前から健康診断で高血圧を指摘されているが、自覚症状がないためそのままにしていた。高血圧症治療中の兄が1か月前に脳梗塞を発症したため心配になり、自宅で血圧を測定するようになった。最近1週間の血圧測定結果を持参して来院した。喫煙は20本/日を40年間。現在も喫煙を続けている。飲酒歴はない。身長170cm、体重80kg。脈拍72/分、整。血圧136/84mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。




  • この患者に対する説明で適切なのはどれか。2つ選べ。


  • a 「禁煙が必要です」
  • b 「短時間作用型の降圧薬が適しています」
  • c 「家庭血圧は週1回の測定にしてください」
  • d 「就寝前の血圧が正常なので心配ありません」
  • e 「体重を減らすと起床時の血圧の低下が期待できます」


[正答]


※国試ナビ4※ 107A057]←[国試_107]→[107A059

"http://meddic.jp/107A058" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡