105G064

出典: meddic

  • 次の文を読み、62-64の同いに答えよ。
  • 15歳の女子。いらいらして暴力を振るうことを心配した母親に伴われて来院。
  • 現病歴   中学2年になり、友人関係でトラブルが起こったころから食欲がなくなり、学校を休みがちになった。自分の部屋でいやな友人の顔が浮かぶと、そのときしていた行為を最初からやり直すようになった。不潔になったことを気にして頻回に手を洗うようになった。その後も学校では普通の生括を送っていたが、家では自分だけでなく母親に同じ言葉や行動を繰り返させ、母親が正確にやり直せないとパニックを起こしたり、暴力を振るったりするようになった。
  • 生育歴   3歳時に両親が離婚し、母親と弟との3人暮らし。小学校では成績も優秀で友人も多く、何事にも積極的な性格であった。中学で進学校に入学し、学業とスポーツに打ち込んでいた。
  • 現症   意識は清明。身長156cm、体重49kg。体温36.2℃。呼吸数16/分。脈拍72/分、整。血圧98/60mmHg。皮膚は冷たく乾燥している。手が荒れている。
  • 検査所見  尿、血液検査所見に異常を認めない。


  • 治療的アプローチとして最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105G063]←[国試_105]→[105G065

"http://meddic.jp/105G064" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡