105G054

出典: meddic

  • 50歳の男性。食事の際の胸につかえる感じを主訴に来院した。数年前から急いで食事をすると胸のつかえ感が出現するため、食習慣に注意していたが症状はゆっくり進行し、最近では嘔吐することもあった。体重は最近1年間で5kg減少した。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。上部消化管内視鏡検査では食道の拡張、食道内の食物残渣および胃粘膜の軽度萎縮を認める。上部消化管造影写真(別冊No.12A)と次に行った食道内圧検査の結果(別冊No.12B①~⑤)とを別に示す。
  • 嚥下時の食道内圧検査所見のうち、確定診断の根拠となったのはどれか。2つ選べ





  • a ①の収縮圧が低い。
  • b ②~④で同時に収縮している。
  • c ②~④で第2の弱い収縮を認める。
  • d ③の収縮圧が低い。
  • e ⑤の圧が下がらない。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G053]←[国試_105]→[105G055

"http://meddic.jp/105G054" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡