105E051

出典: meddic

  • 47歳の女性。下痢と体重減少とを主訴に来院した。Crohn病に対して6年前までに計3回の小腸部分切除術が施行され.約90cmの空腹と20cmの終末回腸が残存していた。カテーテルによる発熱を繰り返し、右鎖骨下静脈の血栓性狭窄も起こしたため、4年前から中心静脈栄養は行っていなかった。経腸栄養にて排便回数が5-6回/日程度に落ち着いてきたため、約2年前に本人の希望で経口食に変更した。薬物はメサラジンのみを内服していた。2週前から下痢が10回/日以上となり、体重も2週間で約3kg減少したため来院した。意識は清明。身長156cm、体重34kg。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧90/52mmHg。腹部に圧痛を認めない。腸雑音は亢進している。血液所見:赤血球 323万、Hb 11.4g/dl、Ht 34%、白血球 5,200、血小板 17万。血液生化学所見:アルブミン 3.2g/dl、尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dl、AST 26IU/l、ALT 38IU/l、ALP 863IU/l(基準115-359)、Na 138mEq/l、K 3.2mEq/l、Cl 108mEq/l、Ca 8.0mg/dl。CRP 0.6mg/dl。腹部造影CTで残存小腸の軽度拡張と回盲部近傍の小腸壁肥厚とを認める。本人は外来での治療を希望している。
  • まず行う栄養管理として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105E050]←[国試_105]→[105E052

"http://meddic.jp/105E051" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5SHEEP BLEEDING PAN mail9
6CATTLE BLEEDING PAN mail9
7MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9右室梗塞4
10ソーセージ様手指とは4
11+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
12裂脳症close4
13クモ膜嚢胞4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15右PICA後閉塞 s/o4
16虫垂いんかんさいぼうがん4
17chilaicliti+s症候群4
18Medusozoa mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20レンズ核線条体動脈3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1疑核3
2Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
3急性出血性白質脳炎3
4Dry Cell and Storage Battery JSC (PINACO) mail2
5Shellfish mail2
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
7上顎結節2
8サブプロピュレーション2
9マーフィー徴候2
10心臓+繊維三角2
113 4-Methylenedioxyphenyl-2-propanone (MDMA MDA MDEA MDOH) mail2
12不橈性2
13レンズ核線条体動脈2
14OVINE 6 WAYS CUT mail2
15き山特ロミー2
162
17Medusozoa mail1
18不整形陰影とは1
19身体障害者福祉司+配置義務1
20びっくり眼+脊髄小脳変性症1