105D057

出典: meddic

  • 48歳の女性。意識障害のため搬入された。付き添ってきた母親によると、うつ病の通院歴があり、熟睡できないため日本酒5台を毎晩飲んでいたという。2週前から全身倦怠感が、1週前から食思不振が出現した。昨日、友人の結婚式でワインをボトル1本一気に飲み干した後、発熱が出現した。搬入時の意識レベルはJCS II-10。身長157cm、体重65kg。体温38.2℃。呼吸数24/分。脈拍108/分、整。血圧146/92mmHg。腹部に軽度の膨満を認め、心窩部に肝を4cm触知し、圧痛を認める。左肋骨弓下に脾を3cm触知する。尿所見:蛋白(-)、糖1+。血液所見:赤血球 325万、Hb 10.8g/dl、Ht 32%、白血球 13,500、血小板 8.7万。血液生化学所見:血糖143mg/dl、HbA1c 6.7%(基準4.3-5.8)、総蛋白 5.7g/dl、アルブミン 2.8g/dl、総コレステロール 116mg/dl、トリグリセリド 234mg/dl、総ビリルビン 2.7mg/dl、直接ビリルビン 2.2mg/dl、AST 134IU/l、ALT 98IU/l、ALP 420IU/l(基準115-359)、γ-GTP 757IU/l(基準8 -50)。CRP2.5mg/dl。
  • この疾患の肝生検組織標本で特徴的にみられるのはどれか。 3つ選べ。


  • a リンパ腫胞
  • b 肝細胞風船化
  • c Mallory小体
  • d 分葉核好中球浸潤
  • e 非化膿性破壊性胆管炎


[正答]


※国試ナビ4※ 105D056]←[国試_105]→[105D058

"http://meddic.jp/105D057" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡