105A053

出典: meddic

  • 38歳の男性。1か月前からの腹部膨満感と全身倦怠感とを主訴に来院した。 3年前に慢性骨髄性白血病と診断され通院治療を受けていた。しばしば治療を中断し、前回の受診は半年前である。半年で体重が5kg減少した。身長168cm、体重53kg。体温36.8℃。眼瞼結膜に貧血を認める。腹部は軽度膨隆し、右肋骨弓下に肝を6cm、左肋骨弓下に脾を10cm触知する。血液所見:赤血球280万、Hb8.2g/dl、 Ht 30%、白血球98,000(桿状核好中球5%、分業核好中球25%、好塩基球4%、好酸球1%、単球3%、リンパ球18%、芽球44%)、血小板11万。骨髄に芽球を45%認める。末梢血塗沫May-Giemsa染色標本(別冊No.20)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。 2つ選べ。




[正答]


※国試ナビ4※ 105A052]←[国試_105]→[105A054

"http://meddic.jp/105A053" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡