104I055

出典: meddic

  • 60歳の女性。未経妊。51歳で閉経。子宮がん検診を定期的に受けている。半年前の検診では異常がなかったが、最近3か月間断続的に性器出血を認める。2年前から糖尿病で治療を受けている。身長 155cm、体重 75kg。経腟超音波検査で子宮内膜厚は35mm。子宮内膜組織のH-E染色標本(別冊No.13)を別に示す。
  • 患者に対する説明で適切なの柱どれか。2つ選べ。


  • a 「MRIで詳しく調べましょう」
  • b 「子宮腔内を子宮鏡で調べましょう」
  • c 「子宮頚部を拡大鏡で検査しましょう」
  • d 「6か月間ほどホルモン補充療法をしましょう」
  • e 「子宮がん検診で異常がないのでしばらく様子をみましょう」




[正答]


※国試ナビ4※ 104I054]←[国試_104]→[104I056

"http://meddic.jp/104I055" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡