104F017

出典: meddic

  • 芥川龍之介著「歯車」の一部を以下に示す。
  • のみならず僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。妙なものを?-と云うのは絶えずまわっている半透明の歯車だった。僕はこう云う経験を前にも何度か持ち合わせていた。歯車は次第に数を殖やし、半ば僕の視野を塞いでしまう、が、それも長いことではない、暫らくの後には消え失せる代わりに今度は頭痛を感じはじめる、-それはいつも同じことだった。
  • 「僕」の症状から最も考えられる疾患はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104F016]←[国試_104]→[104F018

"http://meddic.jp/104F017" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡