104D054

出典: meddic

  • 50歳の男性。呼吸困難のため搬入された。4日前に37.6℃の発熱と咽頭痛とがあり、市販の感冒薬を服用して様子をみていた。昨日から咽頭痛が悪化し、ものが飲み込みにくくなった。今朝から急激に増悪する嗄声呼吸困難とを自覚している。意識は清明。身長170cm、体重72kg。体温39.6℃。呼吸数24/分。脈拍116/分、整。血圧 134/88mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度 SpO2 93%。著明な咽頭発赤と頭部の圧痛とを認める。吸気時晴鳴くstridor)を聴取する。腹部所見に異常を認めない。
  • まず行うのはどれか。


  • a 呼吸機能検査
  • b 喉頭内視鏡検査
  • c 尿中肺炎球菌抗原検査
  • d A群β溶血性レンサ球菌迅速検査
  • e インフルエンザウイルス抗原検査


[正答]


※国試ナビ4※ 104D053]←[国試_104]→[104D055

"http://meddic.jp/104D054" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡