104D040

出典: meddic

  • 8歳の男児。跛行を主訴に母親に伴われて来院した。6か月前から運動時に左股関節の疼痛があり、3か月前から歩行時に跛行があることに母親が気付いた。既往歴に特記すべきことはない。明らかな低身長や肥満を認めない。左股関節には軽度の可動域制限があるが、発赤や熱感はない。股関節エックス線写真(別冊No.13)を別に示す。
  • この病態で正しいのはどれか。


  • a 軟骨代謝の異常
  • b 細菌感染後の骨変化
  • c 成長ホルモンの分泌異常
  • d 大腿骨近位骨端部の血行障害
  • e 骨系統疾患に伴う骨の成長障害




[正答]


※国試ナビ4※ 104D039]←[国試_104]→[104D041

"http://meddic.jp/104D040" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡