104D010

出典: meddic


  • a 注腸整復術が有用である.
  • b 無胆汁性嘔吐で発症する。
  • c 腸管絞扼を起こす危険がある。
  • d 上部消化管内視鏡検査で診断する。
  • e 腸管壁内神経細胞の異常で発症する。


[正答]


※国試ナビ4※ 104D009]←[国試_104]→[104D011

"http://meddic.jp/104D010" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡