103I069

出典: meddic

  • 13歳の男子。右膝痛を主訴に来院した。2か月前に体育の授業中にジャンプした際、右膝に痛みを感じたが放置していた。1週後に受診した近医で成長痛と言われ様子をみていたが、歩行時の痛みが続くため精査目的で紹介された。既往歴・家族歴に特記すべきことはない。身長150 cm、体重 43 kg。右膝の近位に腫脹と圧痛とがあり、右膝関節可動域は10°~120°である。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球510万、Hb 15.5 g/dl、白血球 8,400、血小板 32万。血液生化学所見:尿素窒素 17 mg/dl、クレアチニン 1.1 mg/dl、尿酸 7.0 mg/dl、総ビリルビン 0.8 mg/dl、AST 30 IU/l、ALT 36 IU/l、LD <LDH> 344 IU/l(基準176~353)、ALP 1,824 IU/l(基準115~359)、Ca 9.2 mg/dl、P 3.0 mg/dl。CRP 1.1 mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。右膝のエックス線写真と骨生検のH-E染色標本とを以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。




[正答]
※国試ナビ4※ 103I068]←[国試_103]→[103I070

"http://meddic.jp/103I069" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡