103I053

出典: meddic

  • 26歳の女性。腰痛を主訴に来院した。1年前から介護老人保健施設で介護職として働いていた。3か月前から入所者の介護に際し、腰痛を自覚するようになった。体幹前屈時に腰痛が増強し、脊柱の可動域は制限されている。第3~5腰椎レベルの傍脊柱筋と梨状筋部とに圧痛を認める。Lasegue徴候陰性。深部腱反射と下肢筋力とは正常である。感覚障害を認めない。
  • まず行うのはどれか。2つ選べ。


  • a. 退職を勧める。
  • b. 心理テストを行う。
  • c. 作業内容を詳細に聴取する。
  • d. 介護時の姿勢・動作を指導する。
  • e. 腰痛消失まで安静臥床を指示する。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I052]←[国試_103]→[103I054

"http://meddic.jp/103I053" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡