103I043

出典: meddic

  • 26歳の女性。未経妊。過多月経を主訴に来院した。半年前から月経量は極めて多く、凝血塊の排出も自覚していた。1か月前の健康診断で著明な貧血を指摘された。身長 158 cm、体重 48 kg。尿所見: 蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 312万、Hb 6.8 g/dl、 Ht 24%、白血球 5,800。子宮頸部細胞診はクラスII、子宮内膜細胞診は陰性。腟鏡診では、外子宮口から突出する暗赤色の腫瘍を認める。内診で子宮は正常大で可動性良好。骨盤部単純MRIのT2強調矢状断像を以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。




[正答]
※国試ナビ4※ 103I042]←[国試_103]→[103I044

"http://meddic.jp/103I043" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡