103H025

出典: meddic

  • 45歳の男性。頭痛を主訴に来院した。初診時の医師と患者との会話を以下に示す。
  • 医師 「いかがなさいましたか」
  • 患者 「ひどい頭痛が3週前に始まりました。だんだん悪くなっています」
  • 医師 「悪くなったのですね」
  • 患者 「はい。今はもう耐え難いくらいです。夜中の2時に痛みで目が覚め、だんだんひどくなって、責めさいなまれるようになります。自分ではそれから1時間も続くように思えますが、たぶん30分間くらいのものかもしれません。痛みは少しずつ治まって、また眠ることができるようになります」
  • 医師 「毎晩ですか」
  • 患者 「そう、毎晩です。痛みはとてもひどくて、誰かが頭に錐で穴を開けているような感じです。いつも右側で、特に目の後ろが強い感じです」医師 「右目の後ろですね」
  • 患者 「そうです。こんな痛みはこれまで経験したことがありません。以前は右の頭痛がありましたが、その時はこれほどではありませんでした。またこんなに長くは続きませんでした。痛みが起きると、横になっていたいと思っても、起きて歩き回らなければならなくなります」
  • 医師 「歩き回ると楽になりますか」
  • 患者 「ええ、ほんの少しですが。痛みを軽くするのはそれだけなのです」
  • 用いられているコミュニケーションスキルはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H024]←[国試_103]→[103H026

"http://meddic.jp/103H025" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡