103G044

出典: meddic

  • 1歳5か月の女児。保育所から心肺停止のため搬入された。3日前に感冒様症状で近医を受診し、
  • 抗ヒスタミン薬と鎮咳去痰薬とを処方されていた。保育所では当日の午前中は元気であったが、
  • 午後1時半に突然39℃台の発熱に気付き水分を摂取させ、父親が迎えに来るまで眠らせていた。
  • 午後4時に父親が迎えに来て患児を見たところ顔面蒼白に気付き、救急車を要請した。
  • 救急隊到着時には患児は心肺停止状態にあった。救急車内および病院とで蘇生を試みたが午後5時32分に死亡が確認された。
  • 気管挿管時に気管内に吐物は認めなかった。病院到着後に実施したインフルエンザ迅速検査でA型インフルエンザ抗原陽性であった。
  • 検視の結果、事件性はないと判断された。担当医が行うのはどれか。2つ選べ。


  • a. 司法解剖の説明
  • b. 系統解剖の説明
  • c. 承諾解剖の説明
  • d. 死亡診断書の作成
  • e. 死体検案書の作成
[正答]


※国試ナビ4※ 103G043]←[国試_103]→[103G045

"http://meddic.jp/103G044" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡