103G039

出典: meddic

  • 65歳の男性。左上腹部の圧迫感を主訴に来院した。2か月前から倦怠感があり、その後、徐々に食後の左上腹部膨満感が出現した。喫煙歴は30本/日を45年間。飲酒歴は日本酒3合/日を35年間。意識は清明。体温36.5℃。脈拍84/分、整。血圧162/98mmHg。表在リンパ節は触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。肝を触知せず、脾を左肋骨弓下に3cm触知する。下腿に浮腫を認めない。血液所見:赤血球448万、Hb14.6g/dl、Ht 43%、白血球 12,400(桿状核好中球 3%、分葉核好中球 58%、好酸球 2%、好塩基球 3%、単球5%、リンパ球 29%)、血小板 98万。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.0g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン 1.0mg/dl、尿酸 9.2mg/dl、総コレステロール 120mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、AST 32IU/l、ALT 38IU/l、LD<LDH> 428IU/l(基準176~353)、ALP 210IU/l(基準115~359)。骨髄生検のH-E染色標本を以下に示す。
  • 脾腫の原因として考えられるのはどれか。




[正答]
※国試ナビ4※ 103G038]←[国試_103]→[103G040

"http://meddic.jp/103G039" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡