103E050

出典: meddic

  • 石綿を使用していた工場の周辺住民における中皮腫死亡率の調査を行った。
  • 死亡率は、全国の一般住民と比較して、半径300m未満の男性居住者で14倍、300m~600mで6倍、600m~900mで2倍であった。
  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 石綿曝露に関する症例対照研究である。
  • b. 石綿曝露による中皮腫の標準化死亡比が算出できる。
  • c. 石綿曝露による中皮腫死亡のオッズ比は7である。
  • d. 石綿曝露による中皮腫死亡の寄与危険度は12である。
  • e. 石綿曝露と中皮腫死亡率との間には量-反応関係が推察される。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E049]←[国試_103]→[103E051

"http://meddic.jp/103E050" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡