103B044

出典: meddic

  • 生後8か月の乳児。嘔吐を主訴に来院した。昨日の午後から夜までに3回嘔吐した。本日は嘔吐はない。水様性下痢を4回認める。水分を欲しがっている。意識は清明。あやすと笑う。体温37.1℃。心拍数80/分、整。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は軽度陥凹し、腸雑音は軽度亢進している。
  • 食事療法として適切なのはどれか。


  • a. 母乳をやめる。
  • b. 人工乳を2分の1に薄める。
  • c. 人工乳に砂糖を5%添加する。
  • d. 食塩を添加した粥食とする。
  • e. 下痢が消失するまで糖水のみとする。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B043]←[国試_103]→[103B045

"http://meddic.jp/103B044" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡