103A057

出典: meddic

  • 83歳の女性。右上腹部痛を主訴に来院した。2日前から右上腹部痛が出現し持続している。意識は傾眠状態。体温38.1℃。血圧82/46 mmHg。眼球結膜に黄染を認める。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。右上腹部に圧痛を認める。血液所見:白血球 18,600、プロトロンビン時間 42%(基準80~120)。血液生化学所見:総ビリルビン 11.6 mg/dl、AST 478 IU/l、ALT 355 IU/l、LD<LDH> 847 IU/l(基準176~353)、ALP 554 IU/l(基準115~359)、アミラーゼ 127 IU/l(基準37~160)。磁気共鳴胆管膵管像<MRCP>を以下に示す。静脈路を確保し、抗菌薬の投与を開始した。
  • 次に行う治療として最も適切なのはどれか。



[正答]
※国試ナビ4※ 103A056]←[国試_103]→[103A058

"http://meddic.jp/103A057" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡