103A024

出典: meddic

  • 63歳の男性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。7月末から咳と呼吸困難とが出現するようになった。その後出張で約1か月自宅を離れた。その間症状は消失した。自宅に戻ったところ、咳と呼吸困難とが再度出現した。喫煙歴はない。意識は清明。身長163cm、体重60kg。体温37.8℃。脈拍84/分、整。血圧 132/78mmHg。心音に異常を認めない。呼吸音にfine cracklesを聴取する。腹部、四肢および神経系に異常を認めない。血液所見:赤血球439万、Hb 13.5g/dl、Ht 40%、白血球 9,000。血液生化学所見:総蛋白 7.1g/dl、アルブミン 3.9g/dl。動脈血ガス分析(room air): pH 7.43、PaO2 76Torr、PaCO2 37Torr HCO3- 25 mEq/l。胸部CTと経気管支肺生検組織のH-E染色標本とを以下に示す。最も考えられるのはどれか。



[正答]
※国試ナビ4※ 103A023]←[国試_103]→[103A025

"http://meddic.jp/103A024" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡