102I073

出典: meddic

  • 75歳の女性。咳嗽と呼吸困難とが増悪したため入院した。2年前に特発性間質性肺炎の診断を受けた。1年前の急性増悪以降、現在までアザチオプリン50mg/日とプレドニゾロン15mg/日とを内服中である。1か月前から微熱、咳嗽および 呼吸困難を自覚し、次第に増悪を認めた。12歳時に左胸膜炎。意識は清明。身長147cm、体重48kg。体温37.6℃。脈拍112/分、整。血圧132/64mmHg。心音に異常を認めない。胸部背面にcoarse cracklesを聴取する。血液所見:赤血球314万、Hb9.8g/dl、Ht29%、白血球7,400、血小板33万。血液生化学所見:血糖159mg/dl、総蛋白4.7g/dl、アルブミン2.4g/dl、尿素窒素10.4mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、AST12IU/l、ALT9IU/l、LDH217IU/l(基準176~353)、ALP182IU/l(基準260以下)。免疫学所見:CRP12.8g/dl、KL-6 1,020U/ml(基準500未満)。胸部エックス線写真、胸部単純CT及び喀痰のZiehl-Neelsen染色標本を以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。


  • a. 患者隔離
  • b. 嫌気性菌培養
  • c. プレドニゾロン増量
  • d. PCR法による菌の同定
  • e. ペニシリン系抗菌薬投与




[正答]


※国試ナビ4※ 102I072]←[国試_102]→[102I074

"http://meddic.jp/102I073" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡