102H038

出典: meddic

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 10か月の乳児。けいれんを起こしたため搬入された。
  • 現病歴:2日前の朝から38.5℃の発熱と喘鳴とがあり、抗菌薬と鎮咳去痰薬の投与を受けた。今朝から機嫌が悪く、昼過ぎから全身性強直間代性けいれんを起こした。来院時けいれんは停止していたが、けいれんの持続時間は40分間であった。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 発達歴:特記すべきことはない。
  • 家族歴:母親が子供のころにけいれんを起こしたことがある。
  • 現症:呼びかけても開瞼しない。身長73cm、体重9,210g。体温38.8℃。呼吸数36/分。心拍数120/分、整。皮膚に発疹を認めない。眼瞼結膜に貧血を認めない。咽頭に発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1cm触知する。四肢の腱反射は軽度亢進している。


  • まず行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 102H037]←[国試_102]→[102I001

"http://meddic.jp/102H038" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡