102H035

出典: meddic

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 40歳の男性。左下肢の痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴:4週前から左腰の痛みが出現した。他院で腰痛症の診断で非ステロイド性抗炎症薬の投与を受け、週1回通院していたが症状は改善せず、左下腿外側の痛みと左足背のしびれとを自覚するようになった。患者自身としては以前経験した腰痛とは違うように思っていたが、腰痛症と診断した医師とは長い付き合いで、そのことを言い出せず、改善のないまま4週間服薬を続けた。しかし、全く改善がみられないため、紹介状を持たずに当院を受診した。
  • 既往歴:30歳から時々腰痛を自覚。
  • 生活歴・家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長170cm、体重65kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧124/66mmHg。左右膝蓋腱反射とアキレス腱反射とは正常で病的反射はみられない。徒手筋力テストでは左母趾の背屈力が4と低下している。


  • 下線部のような状況を避けるために有用な会話はどれか。
  • a. 「階段の昇降はできますか」
  • b. 「痛みで夜中に目が覚めますか」
  • c. 「尿の出が悪いことはありますか」
  • d. 「痛みについて何か心配なことはありますか」
  • e. 「痛みが続いているのですか。困りましたね」
[正答]


※国試ナビ4※ 102H034]←[国試_102]→[102H036

"http://meddic.jp/102H035" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡