102G051

出典: meddic

  • 60歳の男性。意識障害のため搬入された。5日前から頭痛、嘔吐および発熱を訴えていた。意識は混濁。体温38.2℃。項部硬直を認める。顔面筋と四肢筋との麻痺はない。深部腱反射は正常で、病的反射は認めない。脳脊髄液所見:外観は軽度キサントクロミ一。初圧200mmH2O(基準70~170)。細胞数250/μl(すべてリンパ球)(基準0~2)。蛋白180mg/dl(基準15~45)。糖25mg/dl(基準50~75)。
  • 結核性髄膜炎を考えたが、その有力な根拠になる髄液所見はどれか。2つ選べ。


  • a. 外観
  • b. 初圧
  • c. 細胞の数と種類
  • d. 蛋白値
  • e. 糖値
[正答]


※国試ナビ4※ 102G050]←[国試_102]→[102G052

"http://meddic.jp/102G051" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡