102F016

出典: meddic

  • 48歳の男性。突然の意識障害のため搬入された。意識は昏睡状態。瞳孔は両側とも散大し、対光反射が消失していた。頭部単純CTでくも膜下出血と診断し、人工呼吸器による治療を続けたが、来院3日後に臨床的脳死状態と判定した。患者の家族と担当医との会話を以下に示す。
  • 医師①「説明をお聞きになりたい家族の皆様はそろっていますか」
  • 家族 「親戚は全員集まっています」
  • 医師②「これまで最善と考えられる治療を行ってきました」
  • 家族 「ありがとうございます」
  • 医師③「残念ですが、今後、治療によって意識が戻る可能性はありません」
  • 家族 「運命なので仕方ありません」
  • 医師④「患者さんは意識が回復しないようなら安楽死を望んでいましたか」
  • 家族 「よく分かりませんが、はっきりとは言っていませんでした」
  • 医師⑤「患者さんは臓器提供意思表示カードをお持ちだったでしょうか」
  • 医師の発言で適切でないのはどれか。
  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤
[正答]


※国試ナビ4※ 102F015]←[国試_102]→[102F017

"http://meddic.jp/102F016" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡