102E058

出典: meddic

  • 生後3日の新生児。頭位の吸引分娩で出生した。Apgarスコア8点(1分)であった。生後24時間以内に数回嘔吐を認めた。身長49cm、体重2,940g、頭囲32cm、胸囲30cm。体温36.5℃。呼吸数40/分。心拍数112/分、整。大泉門1.5×1.5cm、膨隆はない。先進部の頭頂部にびまん性浮腫状の腫脹を認める。頬を触ると口で捕らえようとする。便は黄色調で、血清総ビリルビン10.0mg/dlである。


  • この児の所見で誤っているのはどれか。


  • a. 産瘤がある。
  • b. 軽症仮死である。
  • c. 追いかけ反射がある。
  • d. 生理的範囲の黄疸である。
  • e. 生理的範囲の大泉門である。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E057]←[国試_102]→[102E059

"http://meddic.jp/102E058" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡