102E056

出典: meddic

  • 50歳の男性。意識が低下し、突然全身けいれん発作が起きたため搬入された。3日前から頭痛、嘔吐および発熱があった。意識レベルはJCS200。体温38.5℃。眼底検査でうっ血乳頭を認め、左眼で眼球の外側への偏位、散瞳および対光反射の消失を認める。項部硬直があり、Kernig徴候が陽性。痛覚刺激で右顔面と右上下肢との動きが乏しく、深部腱反射は右上下肢で亢進している。最初に行う検査はどれか。
  • a. 脳波
  • b. 頭部単純CT
  • c. 脳血管造影
  • d. 頭部エックス線単純撮影
  • e. 腰椎穿刺による脳脊髄液検査
[正答]


※国試ナビ4※ 102E055]←[国試_102]→[102E057

"http://meddic.jp/102E056" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡