102D040

出典: meddic

  • 3か月の乳児。へその膨らみを心配する母親に連れられて来院した。生後間もなくからへその膨らみがあったが、出産した病院からは様子を見るように指示されて退院した。指示を守って育児をしていたが、徐々に膨らみは大きくなってきた。お腹がすいてミルクを欲しがるときには、号泣して、膨らみは直径3cmになり、皮膚も赤黒くなると言う。ミルクの飲みは良い。身長63cm、体重6.5kg。母親が持ってきた号泣時の写真を以下に示す。
  • 母親への説明で正しいのはどれか。


  • a. 「もう少し成長すると自然に治ることが多いです」
  • b. 「心血管系奇形の合併が多いので検査が必要です」
  • c. 「泣いて膨らんだ時に診察しないと分かりません」
  • d. 「膨らんだときは手で押し込んでください」
  • e. 「穿刺して診断をつける必要があります」



[正答]
※国試ナビ4※ 102D039]←[国試_102]→[102D041

"http://meddic.jp/102D040" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡