102D021

出典: meddic

  • 5歳の男児。心臓カテーテル検査を目的に入院した。正期正常分娩で出生した。1か月時の健康診査で心雑音を指摘され、その後は外来で半年に1度経過観察されていた。身長102cm、体重15kg。体温36.7℃。呼吸数24/分。脈拍84/分、整。血圧98/62mmHg。呼吸困難とチアノーゼとを認めない。胸骨左縁第2肋間を最強点とする3/6度の粗い収縮中期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。心臓カテーテル検査所見:主肺動脈圧22/10mmHg、右室圧75/10(拡張終期)mmHg、大動脈圧92/58mmHg、左室圧94/8(拡張末期)mmHg、Qp/Qs 1.0。(右室造影写真側面像を以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]
※国試ナビ4※ 102D020]←[国試_102]→[102D022

"http://meddic.jp/102D021" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡