101G028

出典: meddic

  • 40歳の女性。軽度の全身倦怠感と易疲労感とを主訴に来院した。5年前から1日3合の冷酒を飲むようになった。身長152cm、体重44kg。右肋骨弓下に表面平滑の肝を3cm触知し、圧痛を認めない。血清生化学所見:総ビリルビン1.0mg/dl、AST80IU/l、ALT50IU/l、γ-GTP580IU/l(基準8~50)。肝生検組織H-E染色標本を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。2つ選べ。


  • a. 同一飲酒量では男性の方が罹患しやすい。
  • b. 飲酒を続けても肝硬変には進展しない。
  • c. γ-GTPは禁酒により速やかに改善する。
  • d. 肝に蓄積しているのは中性脂肪である。
  • e. 肝の組織学的変化は不可逆性である。



[正答]


※国試ナビ4※ 101G027]←[国試_101]→[101G029

"http://meddic.jp/101G028" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡