101G027

出典: meddic

  • 60歳の女性。排便時の出血を主訴に来院した。2か月前から時々出血があることに気付いていたが、疼痛がないため放置していた。排便回数に変化はない。身長152cm、体重48kg。体温36.5℃。呼吸数14/分。脈拍76/分、整。血圧112/72mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部に腫瘤と圧痛とを認めない。直腸指診で直腸後壁に弾性硬の示指頭大の腫瘤を触知する。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、尿潜血(-)。血液所見:赤血球390万、Hb11.9g/dl、Ht35%、白血球5,600。血清生化学所見:総蛋白6.4g/dl、アルブミン3.4g/dl、クレアチニン1.0mg/dl、AST20IU/l、ALT14IU/l、LDH390IU/l(基準176~353)。免疫学所見:CRP0.3mg/dl、CEA3.0ng/ml(基準5以下)。肛門線から6cmの部位の大腸内視鏡所見と腫瘤のH-E染色標本とを以下に示す。
  • 診断はどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 101G026]←[国試_101]→[101G028

"http://meddic.jp/101G027" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡