101G024

出典: meddic

  • 38歳の男性。右下腿の安静時痛を主訴に来院した。1年前から歩行時の痛みを自覚していたが、休むと軽快するため放置していた。最近、痛みを感じるまでの歩行距離が短くなり、安静時痛が出現するようになった。喫煙40本/日を18年間。
  •  糖尿病や高血圧を指摘されたことはない。身長170cm、体重65kg。脈拍76/分、整。血圧124/76mmHg。右下腿から足にかけて腫脹と発赤とを認める。右大腿動脈造影写真を以下に示す。
  • 対応として誤っているのはどれか。


  • a. 禁煙指導
  • b. 抗血小板薬投与
  • c. 血管拡張薬投与
  • d. 腰部交感神経節ブロック
  • e. 副腎皮質ステロイド薬投与



[正答]


※国試ナビ4※ 101G023]←[国試_101]→[101G025

"http://meddic.jp/101G024" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡