101F065

出典: meddic

  • a. 小児期の低血糖の中で最も多い。
  • b. 血中乳酸が増加する。
  • c. ロイシン負荷試験で低血糖が誘発される。
  • d. カテコラミンの皮下注射が有効である。
  • e. 10歳ころまでに自然軽快する。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F064]←[国試_101]→[101F066

"http://meddic.jp/101F065" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡