101D041

出典: meddic

  • 次の文を読み、41、42の問いに答えよ。
  • 42歳の男性。頻回の嘔吐を主訴に来院した。
  • 現病歴: 2か月前から食後に上腹部膨満感が出現し、1週前から時々嘔吐するようになった。上腹部に重圧感を自覚することもあり、一昨日から嘔吐が頻回になり、黒っぽい便が出ている。吐物は食物残渣のみで、血液の混入はない。   
  • 既往歴: 28歳時、十二指腸潰瘍に罹患し服薬治療を受けていたが、再発を繰り返していた。
  • 現症: 意識は清明。身長170cm、体重54kg。体温36.9℃。呼吸数12/分。脈拍124/分、整。血圧98/58mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、上腹部に圧痛を認める。腸雑音は正常である。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球242万、Hb6.5g/dl、Ht20%、血小板39万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン3.8g/dl、尿素窒素42mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST38IU/l、ALT33IU/l、LDH360IU/l(基準176~353)。


  • この患者の血清電解質で最も著しい異常がみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D040]←[国試_101]→[101D042

"http://meddic.jp/101D041" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡