101A060

出典: meddic

  • 49歳の女性。体調不良を主訴に来院した。10歳代に気管支喘息の既往がある。パート事務員として働いているオフィスの内部が、2か月前改装された。その直後から出勤日に限って頭痛、眼の充血、鼻閉感、全身倦怠感および皮膚そう痒が出現するようになり、集中力の低下と食欲不振とを自覚した。意識は清明。表情はさえない。体温、呼吸および血圧に異常はない。皮膚、頭頸部および胸腹部に異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。


  • a. 抗うつ薬を処方する。
  • b. 室内換気の徹底を助言する。
  • c. 更年期障害として治療を勧める。
  • d. 経口副腎皮質ステロイド薬を処方する。
  • e. 揮発性有機化合物室内濃度の測定を助言する。
[正答]


※国試ナビ4※ 101A059]←[国試_101]→[101B001

"http://meddic.jp/101A060" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡