101A033

出典: meddic

  • 42歳の女性。赤ら顔頭重感とを主訴に来院した。3か月前から家族に顔面と手掌とが赤いと言われていた。2週前から頭重感が出現し、時々ふらつき感も感じていた。既往歴・家族歴に特記すべきことはない。意識は清明。体温36.4℃。脈拍84/分、整。血圧158/92mmHg。顔面は紅潮。眼瞼結膜と口腔粘膜とは充血している。心音と呼吸音とに異常を認めない。左肋骨弓下に脾を1cm触知する。血液所見:赤血球720万、Hb19.1g/dl、Ht60%、白血球12,600(桿状核好中球5%、分葉核好中球62%、好酸球3%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球23%)、血小板126万。血清生化学所見:尿素窒素16mg/dl、尿酸8.6mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST40IU/l、ALT32IU/l、LDH380IU/l(基準176~353)、Na138mEq/l、K5.2mEq/l。骨髄生検H-E染色標本を以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。


  • a. 脾摘術
  • b. 瀉血療法
  • c. 放射線治療
  • d. 抗癌化学療法
  • e. 抗血小板薬投与



[正答]
※国試ナビ4※ 101A032]←[国試_101]→[101A034

"http://meddic.jp/101A033" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡