101A016

出典: meddic

  • 67歳の女性。咳嗽を主訴に来院した。1か月前から、夕方から夜にかけて咳嗽が出現し、近医で鎮咳薬の投与を受けたが改善しない。喫煙20本/日を40年間。意識は清明。身長156cm、体重45kg。体温36.5℃。脈拍64/分、整。血圧128/98mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球348万、白血球5,300、血小板38万。血清生化学所見:AST31IU/l、ALT24IU/l。CRP0.8mg/dl。胸部エックス線写真と胸部造影CTとを以下に示す。
  • 入院後の精査で扁平上皮癌と診断されたが、胸郭外病変はない。全身状態は良好である。治療法として最も適切なのはどれか。


  • a. 対症療法
  • b. 外科治療
  • c. 放射線治療単独
  • d. 抗癌化学療法単独
  • e. 抗癌化学療法、放射線治療併用



[正答]
※国試ナビ4※ 101A015]←[国試_101]→[101A017

"http://meddic.jp/101A016" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡