100H029

出典: meddic

  • 29歳の初産婦。妊娠39週5日。血性帯下と10分間隔の子宮収縮とを主訴に来院した。これまでの妊娠経過に異常は認めなかった。内診所見:子宮頸管は3cm開大、先進部は小泉門、SPは-1、展退度80%、頸管の硬度は軟である。膣鏡診で牽糸性のある血性帯下を外子宮口に認める。
  • 次に行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100H028]←[国試_100]→[100H030

"http://meddic.jp/100H029" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡