100G016

出典: meddic

  • 40~59歳の男性30,000人を対象に、肺癌死亡について10年間観察した。結果を表に示す。



  • 誤っているのはどれか。


  • a. 研究手法はコホート研究である。
  • b. この研究は喫煙と肺癌の因果関係を証明している。
  • c. 喫煙本数と肺癌死亡率の間に量・反応関係がある。
  • d. この結果から喫煙による肺癌死亡の寄与危険度が計算できる。
  • e. 1~19本の喫煙の非喫煙に対する肺癌死亡の相対危険度は5.5である。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G015]←[国試_100]→[100G017

"http://meddic.jp/100G016" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡