100D001

出典: meddic

  • 48歳の男性。腹痛を主訴に来院した。5日前から主に食後、上腹部に鈍痛を生じるようになり持続している。軽度の嘔気はあるが嘔吐はない。意識は清明。体温36.4℃。脈拍68/分、整。血圧136/80mmHg。心雑音はない。心窩部に圧痛があるが、筋性防御はない。朝食を食べずに来院したので、直ちに上部消化管内視鏡検査を行った。内視鏡写真を以下に示す。
  • この患者の診察記録を問題指向型で診療録に記載した。
  • S : ①5日前から主に食後、上腹部痛(鈍痛)が生じるようになり持続している。軽度の嘔気(+)、嘔吐(-)である。
  • O : ②意識は清明。体温36.4℃。脈拍68/分で整。血圧136/80mmHg。心雑音(-)。心窩部に圧痛(+)、筋性防御(-)である。
  • A : ③内視鏡検査で胃に潰瘍性病変がある。
  • P : ④プロトンポンプ阻害薬を投与して様子をみる。
  •     ⑤ヘリコバクター・ピロリの検査(呼気テスト)を予定する。
  • 問題指向型医療記録の記載として適切でないのはどれか。
  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤



[正答]
※国試ナビ4※ 100C030]←[国試_100]→[100D002

"http://meddic.jp/100D001" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡