100A052

出典: meddic

  • 61歳の女性。右膝関節の激痛と腫脹とを主訴に来院した。境界型糖尿病の既往歴がある。2年前から変形性膝関節症の保存的治療を受けている。関節内注射を受けた後から、徐々に疼痛の増加と腫脹とが出現した。体温38.8℃。右膝関節に腫脹、熱感および膝蓋跳動を認める。関節穿刺液所見:低粘稠、混濁、白血球70,000、糖25mg/dl、尿酸塩(-)、ピロリン酸カルシウム結晶(-)。血液所見:赤血球375万、Hb11.2g/dl、白血球12,000、血小板37万。血清生化学所見:血糖140mg/dl、総蛋白6.4g/dl、アルブミン3.2g/dl。免疫学所見:CRP7.4mg/dl、リウマトイド因子陰性。対応として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 関節の持続洗浄
  • b. 抗菌薬の全身投与
  • c. 人工膝関節全置換術
  • d. 大腿四頭筋強化運動
  • e. 膝関節可動域拡大訓練
[正答]


※国試ナビ4※ 100A051]←[国試_100]→[100A053

"http://meddic.jp/100A052" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡