100A037

出典: meddic

  • 22歳の男性。発熱と頸部リンパ節腫脹とを主訴に来院した。1か月前から37℃台の発熱が出現し、2週前に左頸部のしこりに気付いた。意識は清明。体温38.2℃。左頸部と鎖骨上窩とに径1.5cmのリンパ節を3個、左腋窩に径1cmのリンパ節を2個、左鼠径部に径1.5cmのリンパ節を1個触知する。
  • 血液所見:赤沈45mml時間、赤血球370万、Hb11.2g/dl、Ht35%、白血球6,400。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.0g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、尿酸7.7mg/dl、総ビリルビン0.6mg/dl、AST33単位、ALT45単位、LDH440単位(基準176~353)、ALP330単位(基準260以下)。
  • 頸部リンパ節生検H-E染色標本を以下に示す。
  • この患者の治療として最も適切なのはどれか。



[正答]
※国試ナビ4※ 100A036]←[国試_100]→[100A038

"http://meddic.jp/100A037" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡