1,3-ビスホスホグリセリン酸

出典: meddic

1,3-bisphosphoglycerate, 1,3-BPG, 1,3-diphosphoglucerate, 1,3-DPG
2,3-ビスホスホグリセリン酸,BPG解糖系


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/03 20:32:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

関連リンク

1,3-ビスホスホグリセリン酸(1,3-ビスホスホグリセリンさん、1,3-Bisphosphoglycerate、 1,3-BPG)は、ほとんど全ての生物が持っている有機化合物である。呼吸に関与する解 糖系や光合成に関わるカルビン回路の中間体として重要である。1,3-BPGは、二酸化 ...
3-ホスホグリセリン酸(3-ホスホグリセリンさん、Glycerate 3-phosphate)は生化学的に 重要な、3つの炭素からなる有機化合物の一つで、解糖系やカルビン回路の代謝中間体 となる。3-ホスホ ... 1,3-ビスホスホグリセリン酸 \overrightarrow\longleftarrow ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み解糖系」「1,3-BPG」「2,3-ビスホスホグリセリン酸」「BPG
関連記事リン」「セリン」「」「ホスホ」「グリセリン

解糖系」

  [★]

glycolytic pathway
エムデン-マイヤーホフ経路 Embden-Meyerhof pathway
解糖TCA回路
  • CH(OH)-CH(OH)-C(OH)H-CH(OH)-C(CH2OH)H-O- グルコース (OHが↓↓↑↓↑)
  • CH(OH)-CH(OH)-C(OH)H-CH(OH)-C(CH2O-PO3)H-O- グルコース-6-リン酸 (OHが↓↓↑↓↑)
  • C(CH2OH)OH-C(OH)H-CH(OH)-C(CH2O-PO3)H-O- フルクトース-6-リン酸
  • C(CH2O-PO3)OH-C(OH)H-CH(OH)-C(CH2O-PO3)H-O- フルクトース-1,6-リン酸
glucose
↓-hexokinase/glucokinase(liver)
glucose 6-phosphate
↓-phosphohexose isomerase
fructose 6-phosphate
↓-phosphofructokinase
fructose 1,6-bisphosphate
↓-aldolase
glyceraldehyde 3-phosphate
↓-glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase
1,3-bisphosphoglycerate
↓-phosphoglycerate kinase →ATP
3-phosphoglycerate
↓-phosphoglyceate mutase
2-phosphoglycerate
↓-enolase
phosphoenolpyruvate
↓-pyruvate kinase → ATP
pyruvate
 -(pyruvate dehydrogenase)→acetyl-CoA
 -(pyruvate carboxylase)→oxaloacetate-(NADH+H+)→malate


解糖系の酵素 (first aid step1 2006 p.87, FASTEP1_87_酵素一覧.xls)

1 galactokinase キナーゼ  
2 galactose-1-phosphate uridyltransferase 転移酵素  
3 hexokinase/glucokinase キナーゼ  
4 glucose-6-phosphatase ホスファターゼ  
5 glucose-6-phosphate dehydrogenase 脱水素酵素  
6 transketolase    
7 phosphofructokinase キナーゼ  
8 fructose-1,6-bisphosphatase ホスファターゼ  
9 fructokinase キナーゼ フルクトキナーゼ
10 aldolase B   アルドラーゼ
11 pyruvate kinase キナーゼ ピルビン酸キナーゼ
12 pyruvate dehydrogenase 脱水素酵素 ピルビン酸デヒドロゲナーゼ
13 HMG-CoA reductase 還元酵素 HMG-CoA還元酵素
14 pyruvate carboxylase カルボキシラーゼ ピルビン酸カルボキシラーゼ
15 PEP carboxykinase キナーゼ PEPカルボキシキナーゼ
16 citrate synthase 合成酵素 クエン酸合成酵素
17 α-ketoglutarate dehydrogenase 脱水素酵素 α-ケトグルタミン酸脱水素酵素
18 ornithine transcarbamylase 転移酵素 オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ




1,3-BPG」

  [★]

1,3-bisphosphoglycerate
1,3-bisphosphoglycerate


2,3-ビスホスホグリセリン酸」

  [★] 2,3-ジホスホグリセリン酸


BPG」

  [★] ジホスホグリセリン酸

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ホスホ」

  [★]

phospho
フォスフォホスフォリン酸


グリセリン」

  [★]

グリセロール
下剤,浣腸剤





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡