099I026

出典: meddic

  • 次の文を読み、25~27の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。急にぼんやりしたり、うとうとするようになり妻と一緒に来院した。
  • 現病歴 :これまで比較的元気で身のまわりのことは、ほとんど自分で行っていた。2日前から急にぼんやりしたり、うとうとすることが多くなった。日常の行動や着衣の状態がだらしなくなり、呼びかけには応じるが反応が鈍くなった。今朝、下着に黒色の便が付着しているのに妻が気付いた。2、3日前から胃の調子が悪いと言っていた。食欲はなく、2日前までは焼酎を毎日1合飲んでいた。排便の状態は不明である。数年前から外出時にころぶことがあった。
  • 既往歴 : 40歳代からアルコール性肝障害を指摘されている。約5年前に十二指腸潰瘍に罹患した。
  • 現症 : 意識は傾眠傾向で、表情に乏しく動作は緩慢である。起立・歩行はできる。身長164cm、体重62kg。体温36.4℃。呼吸数14/分。脈拍84/分、整。血圧122/74mmHg。瞳孔は左右同大、対光反射は正常。前頭部に打撲痕がある。項部硬直はない。胸部に心雑音なく、ラ音を聴取しない。腹部は平坦で、腸雑音が減弱している。圧痛と抵抗とを認めない。肝を心窩部に2cm触知する。下肢に浮腫を認めない。両手指に振戦がある。上下肢の腱反射はやや減弱しているが病的反射はない。直腸指診で指先に黒色便の付着を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球379万、Hb9.8g/dl、Ht31%、白血球4,200、血小板9万、プロトロンビン時間54%(基準80~120)。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.2g/dl、γ-グロブリン24.7%、尿素窒素35mg/dl、クレアチニン1。2mg/dl、総コレステロール166mg/dl、トリグリセライド80mg/dl、総ビリルビン2.3mg/dl、AST74単位、ALT62単位、γ-GTP96単位(基準8~50)、Na141mEq/l、K4.5mEq/l。免疫学所見:HBs抗原陰性、HCV抗体陰性。
  • この患者についての判断で適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 今日の日付や現在の場所についての質問は診断的意義に乏しい。
  • b. 1週以上前に受傷した身体の外傷についても聴取する。
  • c. 両手指の振戦は病的意義に乏しい。
  • d. 最近の便通の状況と現在の症状とは関連がある。
  • e. 腹部に圧痛と抵抗とを認めないので消化性潰瘍は否定できる。
[正答]


※国試ナビ4※ 099I025]←[国試_099]→[099I027

"http://meddic.jp/099I026" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1 43 " paperboard " Ltd maritime freights :contacts mail 19
2 43 "salts" Ltd maritime"freights :contacts mail 18
3consat tv frequency direction of dish 16
4塩素挫瘡 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
60 HTTP/1.1 9
7 43 "machinery" ltd "maritime "freights :contacts mail 8
81,1366,768,24 HTTP/1.1 6
9 43 "Iron" Ltd " maritime" "freights" :contacts mail 6
10難病 一覧 5
111,320,568,24 HTTP/1.1 5
12整形テスト パトリック 5
13Acyclic hydrocarbons mail 5
14methane法 災害 5
15日本多毛 4
16Culpen フルクロキサシリン 4
17生殖器 男性 女性 4
18肝細胞癌血流 結節性動脈炎腫瘍 末期症状 4
19先天性赤芽球体ポルフィリン症 4
20 43 "vehicles" Ltd maritime freights :contacts mail 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1難病 一覧 4
2先天性赤芽球体ポルフィリン症 4
3球海綿体筋反射 3
4Q波 3
5外側前腕皮神経 3
6ポルフィリン症の疑い 3
7皮膚 脱落 2
8ホット 医学用語 大腸検査 2
9前交通枝動脈 2
10ran gtpアーゼ 2
11顕性斜視 2
12low t3 症候群 2
13ocr 対光反射 2
14MSSA 壊死性肺炎 2
15cvrr 基準値 2
16糖尿病性高浸透圧性昏睡 検査 2
17C1代謝 2
18遺残三動脈 2
19相互排他的 2
2032歳の女性。健康診断の腹部超音波検査で肝右葉背面の腫瘤性病変を指摘され来院した。既往歴に特記すべきことはない。身長159cm 2