099H026

出典: meddic

  • 63歳の男性。複視を主訴に来院した。4か月前から少量の鼻出血を繰り返していた。2か月前から右難聴と鼻閉とを自覚していたが放置していた。最近になり右方視での複視を認めたため来院した。右上頚部に直径3cmの硬い腫瘤を触知する。インピーダンスオージオメトリで左耳はAタイプ、右耳はBタイプである。副鼻腔単純CTを以下に示す。
  • この患者で正しいのはどれか。


  • a. 鼻閉は副鼻腔炎による。
  • b. 嗅覚低下を認める。
  • c. 複視は外転神経障害による。
  • d. 閉眼不全を認める。
  • e. 耳管の開放症を認める。



※国試ナビ4※ 099H025]←[国試_099]→[099H027

"http://meddic.jp/099H026" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡