099H017

出典: meddic

  • 55歳の男性。1か月前から労作時の息切れと舌の痛みとを自覚し、5日前から歩行障害も出現したため来院した。8年前に胃全摘術を受けた。眼瞼結膜に貧血を認め、眼球結膜に軽度の黄疸を認める。Romberg徴候陽性。血液所見:赤血球142万、Hb6.5g/dl、Ht19%、網赤血球14.0‰、白血球3,100(桿状核好中球4%、分葉核好中球56%、好酸球2%、単球3%、リンパ球35%)、血小板8.2万。血清生化学所見:総ビリルビン3.3mg/dl、直接ビリルビン0.9mg/dl、AST45単位、ALT34単位、LDH2,100単位(基準176~353)。この患者でみられないのはどれか。
  • a. 血清ビタミンB12低下
  • b. 抗内因子抗体陽性
  • c. 好中球の核の過分葉
  • d. 骨髄中の赤芽球増加
  • e. Howell-Jolly小体解説
[正答]


※国試ナビ4※ 099H016]←[国試_099]→[099H018

"http://meddic.jp/099H017" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡