099G058

出典: meddic

  • 27歳の女性。持続する咳を主訴に工場の健康管理室を受診した。患者は研究開発部門に勤務しており、外国から来日した研修生に対し、暗室で電子顕微鏡の操作を2か月前まで指導していた。この研修生は咳と微熱による体調不良で欠勤がちになり、6か月の研修期間の半分を残して帰国してしまった。その後患者自身も咳と倦怠感とを感じるようになり、夕方には37.2℃の微熱もあることに気付いた。身長160cm、体重42kg。呼吸数24/分。脈拍84/分、整。胸部聴診では異常所見はない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤沈42mm/1時間、赤血球430万、白血球8,800、血小板30万、血清生化学所見:総蛋白6.4g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、AST28単位、ALT32単位、Na144mEq/l、K3.7mEq/l、Cl 100mEq/l。免疫学所見:ツベルクリン反応14×12/28×25、CRP2.0mg/dl、喀痰塗抹検査で一視野に数個の抗酸菌を認める。胸部エックス線写真で左上肺野に径2cmの辺縁不鮮明な陰影を認める。医師の対応として適切でないのはどれか。
  • a. 患者への入院指示
  • b. 保健所への届け出
  • c. 勤務職場の消毒指示
  • d. 労働災害補償保険の申請指導
  • e. 職場同僚の胸部エックス線撮影指示
[正答]


※国試ナビ4※ 099G057]←[国試_099]→[099G059

"http://meddic.jp/099G058" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡