099G051

出典: meddic

  • 32歳の女性。四肢と顔面との浮腫と咽頭絞扼感とのため来院した。成人後に年に1、2回、四肢特に前腕部に浮腫が出現し4、5日で消失していた。最近浮腫の出現が顔回となり、今朝から顔面の浮腫、腹痛および咽頭絞扼感が出現した。意識は清明。身長152cm、体重41kg。体温36.1℃。脈拍60/分、整。血圧130/80mmHg。顔面浮腫状。眼瞼結膜に貧血はなく、眼球結膜に黄疸はない。頸部リンパ節腫脹はない。心雑音はなく、胸部でラ音を聴取しない。腹部に圧痛なく、肝を触知しない。両下腿に浮腫を認めるが、圧痕を残さない。圧痛と熱感とはない。尿所見:6,300、血小板18万。血清生化学所見:総蛋白6.7g/dl、アルブミン3.7g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、AST25単位、ALT35単位、LDH233単位(基準176~353)。CRP0.5mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。この患者にみられるのはどれか。
  • a. CH50低値
  • b. lgE高値
  • c. 好塩基球増加
  • d. α1-アンチトリプシン低値
  • e. 免疫複合体高値
[正答]


※国試ナビ4※ 099G050]←[国試_099]→[099G052

"http://meddic.jp/099G051" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡